blog

豆知識 vol.0009

『ケイエスシーの豆知識』
<メラノーマのレーザーでの診断>

今回はメラノーマ(悪性黒色腫)の最新の研究を取り上げます。
メラノーマとは、いわゆる“ほくろのガン”のことです。
あらゆるガンのなかで、最も悪性度の高いものの一つです。
悪性かどうかは皮膚科医の視診である程度わかりますが、判断が難しい場合は、以前は切り取って検査をしないと悪性かどうかが分かりませんでした。

それが、今年8月イギリスの研究グループによってレーザーを用いて血流を観察することで、ほくろかメラノーマかを判断することができるようになったという論文が発表されました。
検査の感度は100%、特異度は90.9%ということで皮膚科医の中では衝撃的なニュースとなっています。

感度が100%ということはメラノーマを見逃さないということなのです。
臨床に応用されるにはまだいくつか問題があるようですが、近い将来に体を傷つけることなくメラノーマの検査を行えるようになると思われます。

2015年9月26日 4:09 PM  カテゴリー: 豆知識

豆知識 vol.0008

豆知識の投稿です。
アレルギーについての豆知識です。

『ケイエスシーの豆知識』
<パッチテスト>
アレルギーの検査として、パッチテストが知られていますが、いったいどのようにして検査するのか知っていますか?
主にはジャパニーズスタンダード、金属シリーズの2種類があります。
ジャパニーズスタンダードとは、日本人でかぶれる事の多い、
金属以外の物質のエキスのセットで約25種類あります。
金属シリーズとは、日本人でかぶれる事の多い金属のエキスのセットで約17種類あります。
症状から疑われる物質に合わせて、チャンバーという金属の円盤にこれらのエキスをつけて背中や二の腕に貼ります。そして48時間後にはがして、1度目の判定、さらに24時間後に2度目の判定、さらに4日後に3度目の判定を行います。つまり、8日間で4回の受診が必要となります
チャンバーをつけている間は汗をかいたり、お風呂に入ったりができません。蒸れてかぶれてしまうからです。
かなり負担のかかる検査なのです。入浴などができないので、夏にはあまりお勧めできません。
アレルギーを疑っている人は、まずはパッチテストの必要性があるのかどうか、そして必要があれば適切な時期に適切な種類のパッチテストを行うように医師と相談しましょう。

2015年9月26日 4:08 PM  カテゴリー: 豆知識

豆知識 vol.0007

今年は手足口病がずいぶん流行しています。特に有効なワクチンもないので、手洗いで対抗するしかありません。
今回は、手足口病についての豆知識です。

『ケイエスシーの豆知識』

<手足口病>

主に夏の時期に、口の中、手足に2〜3mm程度の水ぶくれが出てくる、ウイルス感染症です。コクサッキーウイルスやエンテロウイルスなどが原因となります。
5歳以下で感染する事がほとんどですが、たまに大人でも感染する事があります。子供では皮膚症状のみで比較的症状が軽く済む事が多いですが、大人では熱が出てしんどくなったり、水疱に強い痛みを感じる人がたびたびみられます。
3〜5日程度の潜伏感染の後に発症し、多くは1週間程度で自然治癒します。
しかし、ごくまれですが脳で炎症を起こすなどの中枢神経系の合併症を起こす事もあるので、一応の注意は必要です。発熱が2日以上続いたり、嘔吐、頭痛、視線が合わない等あれば病院を受診するようにしましょう。

感染経路としては、唾液や便からが考えられています。
あまり知られていないのが、治癒した後も、最大1ヶ月程度は便中にウイルスが排出されている事です。
また、感染しても症状がほぼ出ないでウイルスを排出している人もいます。
日頃から、しっかり手を洗うことが大切です。

2015年8月27日 1:40 PM  カテゴリー: 豆知識


問い合わせ BASE
シンプル